読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冗談は顔だけのつもりだ

そうさ100%現実

【テレビ】世にも奇妙な物語深夜版にテンション上がって書いた

 もうご存知であろうが、本日10月17日深夜26時20分から『世にも奇妙な物語 真夜中の特別編』が放送される。

 『世にも~』ファンの間で名作・恐怖作と言えば必ず名前が挙がる5作品が放送されるとあって、ファンはもちろんそうでなくとも録画予約必須・最高画質でブルーレイに落とすこと必至である。

 

 ちなみに、私も一時期『世にも~』にハマった時期があった。今夜放送される『懲役30日』は特に人気が高く、未視聴だったためまずはこれを見た。正直、ファンが高評価するほどのエグさは感じなかったが(グロ映画とか大好きなので)、ラストの映像には衝撃を受けた。怖いのとかエグイのとかは苦手……って人もいるだろうが、三上博史がボロボロに傷ついていく様は最高に性的で興奮するので頑張って見てほしい。

 

 『死ぬほど好き』『おばあちゃん』『三人死ぬ』『サブリミナル』以上四作品は未視聴なので、とても楽しみである。中でも『サブリミナル』はあらすじを読むだけでもかなり狂気的な内容になっているようで大変楽しみだ。この高齢化社会の中放送しちゃうとは、勇気あるな。

 

 それじゃあここで、私が好きな『世にも~』シリーズ作品の紹介をちょっとだけしてみる。

 別の記事でも何度か書いているが、私はSMAPオタクなので、まずはメンバーが出演した作品の中で特に好きなものを紹介する。

 

・BLACK ROOM

 木村拓哉主演。非常にシュールな内容だが、印象深くいつまでも残る作品である。その名の通り、暗い部屋の中で繰り広げられる、父母息子の会話はテンポよくそして自然(いや、不自然かも)。結末の意外性に笑わずにはいられない。

 

・13番目の客

 草彅剛主演。脚本のすばらしさはもちろんだが、草彅の演技力の高さが輝る。主人公にどっぷり感情移入してしまうため、ラストの絶望感には覚悟しておいた方がいい。何度見ても色褪せず、新鮮に感じる作品。

 

・トイレの落書き

・言葉のない部屋

 どちらも木村拓哉主演。説明不要。とにかく見て。世界よ、これが木村拓哉だ。

 

 という感じで、圧倒的たっくん率。いや、オトナ受験とかヘイトウイルスとか好きだけど……ごろさんとしんごのもなんか見たけど……人に勧めるなら上記に挙げた4つだな。SMAP好きでなくとも楽しめる作品。ぜひどこかで探して見てください。

 

 その他好きなやつ。

 

・美女缶

 妻夫木聡主演。これも『世にも~』ファンにはお決まりの作品。感動系寄り。

 共演の臼田あさ美がとにかくかわいい。私が見た臼田あさみ史上最もかわいいと言っても過言ではない。そして、「人ってこんなに妻夫木聡に嫉妬できるんだ」ってくらい嫉妬する。臼田あさ美かわいい。最後に余白が残る脚本が『世にも~』らしい作品。臼田あさ美かわいい。

 

・マンホール

 香川照之主演。シュール系の中でイチオシ。テンポが良く笑えるのに超ブラックなラスト。いい大人たちがまじめにネズミの被り物かぶって演技してるのを見てると、本当テレビっておもしろいなあって思う。荒川良々演じるネズミが最高すぎる。生態系のてっぺんはネズミかも知れない。

 

・山田祭り

 阪田智靖主演。約1分半のショートストーリー。じわじわ不気味。しばらく「山田! 山田!」っていう声が頭から離れなくなるから寝る前に見るもんじゃない。

 

ズンドコベロンチョ

 草刈正雄主演。説明不要。とにかく見るべし。

 ちなみに、『世にも~』のストーリーテラーであるタモリさんが一番好きな作品もこのズンドコベロンチョだそう。そして脚本はあの北川悦吏子。あすなろ・ロンバケズンドコベロンチョ

 

 その他、マジで怖いだろう『急患』『雪山』『見たら最後』その他90年代の作品はもうちょっと元気な心理状態の日中に見ることにする。

 

 見始めたら止まらなくなっていつの間にか日が落ちて外が暗くなってもちろんパジャマのままで家から一歩も出て無くてそりゃあやる気も起きないから風呂入って寝るだけっていう休日を送ることになるから、ハマりすぎには注意しよう。