読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冗談は顔だけのつもりだ

そうさ100%現実

【LDH】第1回 三代目 J Soul Brothers クソダサ歌詞決定戦

 最初に言っとくけど、

 ワタクシは三代目 J Soul Brothersがとても好きです!!!!!

 disり記事じゃないからね、だから三代目が大好きなパリピのみんなは怒らないでね。

 

 そのうえで、私は声を大にして言いたい、

 三代目 J Soul Brothers、歌詞がとにかくダサすぎる。

 HIROさんごめん、こればっかりはどうしても許せねえんだよ……。

 

 三代目の曲は全部聞いてるわけでもないしライブに行ってるわけでもないんだけど、でも三代目の曲にドハマりすることが多いんですわ。顔ファンならぬ、三代目の楽曲ファン。楽曲だけがとにかく好き。あと、山下健二郎の顔面。

 そんなわけで、「これはいい!」と思った曲を配信でちょこちょこ買ってます。ちなみにバラードは一切聞きません。

 

 その程度のファンだから、もちろん本当のファンの方からしたら「もっと心にしみる歌詞があるよ!」と言いたくなるところだとは思うが、私が買った曲は軒並みダサいんだよ。ていうことは、やっぱりほとんど歌詞がダサいと思うんだよ。

 でも、不思議とそれが快感にもなってくるという、不思議な魅力があるんだよね。ジャニーズだったら“トンチキ”とか言われて、そもそも“不真面目なもの”として扱われることが多いけど、三代目はそうじゃない。三代目にトンチキ曲なんてものは存在しない。全部「オレたちの音楽はいつでも頂点」っていう心意気でやってるんだよ三代目 J Soul Brothersは。それが私の心を掴んで離さないんだよ!!!!!

 

 長くなりましたが本題へ。

 今回「クソダサ歌詞決定戦」にノミネートされたのは、

S.A.K.U.R.A.

・R.Y.U.S.E.I.

・O.R.I.O.N.

・Eeny, meeny, miny, moe!

・STORM RIDERS

・J.S.B. DREAM

・Feel So Alive

・Welcome to TOKYO

 以上8曲です。

 この中からランキング形式でTOP5を発表させていただきます。

 どこからか表を集め集計して発表するみたいなノリで書いてますが、ワタクシの清き1票のみですべてが決まっております。

 

 それでは発表します。

 

第5位 Eeny, meeny, miny, moe!


三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE / Eeny, meeny, miny, moe!

 

クソダサポイント:「ガン!ガン!突き進め!」という雑な応援

 そもそも「Eeny, meeny, miny, moe」とは、「どちらにしようかな」という意味なんだけど、この曲はそんな風に人生に迷っている人に対する“応援ソング”のような歌詞になってます。

 例えば、「ほかにない 自分だけのスタイル 見つけ壊れないように 磨き上げろ」「変えるかは自分次第 叶えられるさ」「背中押してくれる人のため 弱音なんて捨てて 叩き上げろ」てな感じで、わりと体育会系な根性論が多いんだけど、まあそこは三代目だから全然アリなんですよね。

 しかし終盤、曲調が変わるところで体育会系の悪いとこが出ちゃう「The step number one 顔上げ The step number two 胸張って The step number three 踏み出して」と、カウントを取りながら「顔上げて! 胸張って! 踏み出して!」と背中を押してくれるんだけど、そのあとに続くアドバイス(歌詞)が

 ガン!ガン!突き進めなんですよね。

 ありがたいんだけどさ、いきなり雑じゃない? こっちは左右確認してから渡りたいんだけど?  っていう気持ちになる。精神論で押し切ろうとする体育会系の悪いとこ全面に出てるぞHIROさん!!!!!

 この楽曲に関しては、本当にここだけがクソダサい。MVはご覧の通り文句なしにかっこいいし、これコンサート演出も最高だから、今度カラオケ行った時にでもライブ映像見てほしい。だけど、この「ガン!ガン!突き進め」だけがダサすぎて逆に目立つということで、5位にランクイン。

 

第4位 R.Y.U.S.E.I.


三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE / 「R.Y.U.S.E.I.」Music Video

 

クソダサポイント:歌詞に描かれてるシチュエーションが完全に中二の妄想

 一時期腐るほど聞かされた「R.Y.U.S.E.I.」も、よくよく聞くとだいぶダサい。

 まずもって、サビの「人生一度きり DREAM 掴みたいから今」っていう歌詞、日本語と英語が混同してる、ルー大柴的なのはもうツッコまないよ。それはさすがに野暮。でもさ、言ってることがさ、渋谷・表参道付近のオープンテラスでMac広げる、いわゆる意識高い系のいけ好かないヤツが言いそうなセリフなんだよね。「掴みたいから今」ってい言い回しがすごく癪にさわる。

 こういうこと言うヤツは大体、海外旅行は台湾までしか行ったことないし(でも「人生観変わった」とか言う)、MacYouTube見て暇つぶしてるだけ。(すごい偏見)

 でだな、問題はランニングマンが終わったあとの歌詞なんだよ。とりあえずこれ読んで。

 夕立のように降る ペルセウスの流星群

 雨粒が尾を引くような SHOOTING STARS

 夏の夜はすごく短くて儚いね

 だからもっと好きになる

 この瞬間を共に過ごしたい仲間がいる

 おなじ空見上げたあの流れ星に願う

 前半はなかなか詩的でいいんだが、このシチュエーション想像すると、端的に言ってダサくない?

 まず、これだけの星が見えるってことは確実に都会ではない。たとえば旅行に出かけた先で星を見ていたとしよう。「この瞬間を共に過ごしたい仲間がいる」っていう部分から考えるに、仕事もしくは部活等、なにか同じ目標を持った集団で一緒に星を見上げてるってことにしよう。

 夏だし、キャンプにでも行ったんだろう。近くには川が流れてて、緑は深くて空気は澄んでると。で、まあ好きな女と並んで星を見ていたんだろう。「夏の夜は短いなあ」なんて思いながら。

 で、「あ! 今流れ星あったよ! 見た!?」とか女がウキウキした表情で男に聞いてくると。「え? ごめん見てなかった」とか言ってさ、「なにお願いしたの?」とか聞くのよ。もちろん女は「ナイショ!」とか言う。で、そんな女の姿を見ながら「(この瞬間がずっと続けばいいのに)」とか思ってんのよ男は。

 ダッサ。(吐き捨てるように)

 ジャンプのラブコメラノベにありそうなシチュエーションじゃない? それをパリピ丸出しな三代目が歌うこのチグハグ感よ。どんな気持ちで歌ったんだよ。

 さっきの意識高い系のいけ好かないヤツの話に戻るけどさ、こういう昔話みたいなのを語ってきそうじゃない? ウゼエエ~!!!!! 「R.Y.U.S.E.I.」は意識高い系の男が歌ってそうな、めちゃくちゃにウゼエ曲だこれは!!!!! キイイイイ!!!!!

 

第3位 J.S.B.DREAM


三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE / J.S.B.DREAM

 

クソダサポイント:なんでも“愛”が解決してくれると思うなよ

 自己紹介ソング的に「J.S.B」が頭につく曲をいくつか出してるんだけど、個人的にはこの「J.S.B DREAM」が一番好きでございます。

 しかしだな、やたらとデカイ規模の話をしているわりには、なんでも愛で解決しようとするんだよ、この人たち。

 単語だけ切り取ってみると、「生存競争」「惑星」とかまあ宇宙規模の話をしているし、「不可能ですら すべてを塗り替えたい」とか、結構強めな目標を語っている。さすが三代目の自己紹介ソングっすわ。

 しかしだな、じゃあこの目標をどうやって達成するかっつうと、

 ああ、愛で満たすしかないになっちゃうんだよね、三代目は。

 ウソだろ、もうちょっとまともな解決方法あるだろ。てか、生存競争を愛の力でなんとかしようと思うのは、いくらなんでもムツゴロウぐらいのもんだぞ。

 

 そんで聞いてよ、この前MVが解禁になった「J.S.B LOVE」っていう新曲があるんですけど、


三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE / J.S.B. LOVE

 だからなんでも“愛”で解決しようとすんなって!!!!!!!!!!

 まあね、もうタイトルが「LOVE」だから、そりゃ愛愛愛言いますわな。「壊れたって そう 愛が愛を制す」「愛のないやつなんて 居るわけないし」「愛は偽れないから」とか言ってんだもん。そりゃ愛がすべてを解決してくれると勘違いしちゃうか。

 「愛と勇気だけが友だち」なアンパンマンと気が合いそうだよ、君たちは!!!!!

 

第2位 Feel So Alive


三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE / Feel So Alive

 

クソダサポイント:小学生が考えたかのような幼稚な単語の連続

 まず耳につくのがイキイキだと思うんですけど、これ歌詞カードにもそのまんまカタカナで「イキイキ」って書いてあるから。せめて「IKI!IKI!」みたいなさ、せめて英語にしとくとかさ、そういう配慮があってもよかったじゃん? なんだよ「イキイキ」って……。

 そしてだな、私が一番腹抱えて笑ったのは、この曲のサビだろう部分なんですけど。

 hey boys and girls 恋をしよう

 there's no problem 好きなら 

 ……待って待って。ウソでしょ? 「オイ! 男と女! 恋をしよう! 好きなら気にすんじゃねーよ!」みたいなことをサビで歌う??? 酔っぱらってんの???

 塾で英語覚えた小学生が学校で自慢げにしゃべった英語みたいじゃない??? これを三代目が歌いますかっつう話よ。とんでもねえなこりゃ。

 でね、ラップ的な歌詞になってるっていうのもあって、がんばって韻を踏んでるんだけどさ、「ooh baby moving moving 止まるの無理無理」とか「とことんアゲアゲ 爆音はラージラージ」とかさあ……これ笑っていいんだよね???

 サウンドがドチャクソかっこいいだけに、全体的にこのダッセ~~~歌詞が浮いて浮いてしょうがない。で、それをマジメに歌って踊る三代目の人たちがおかしくてしょうがない。

 

第1位 Welcome to TOKYO


三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE / Welcome to TOKYO

 

クソダサポイント:これは“東京五輪招致ソング”ではない、現代版「俺ら東京さ行ぐだ」である

 リオオリンピックが終わった後にリリースしたもんだから、もう明らかに2020年の東京五輪を意識した曲なんだろうなと思ったよ。紅白でもやってたし、とにかく五輪に関わりたいという気持ちがミエミエ。

 MV見てもわかるように、招致感ゼロなのはもちろん、これよく聞くと全然「ようこそ東京」ではない。むしろ、「オレめっちゃ東京いきたいんだけど」っていう曲だった。

 好きじゃないなら なんとか変えなきゃいけない現実

 ここにないなら 探しに行かなきゃいけない真実

 っていう理由で、この歌の主人公は東京に行きたいと思うわけよ。で、「人生は一度しかない」とか言って、

 どこまでも昇り詰めてみたい 一体どんな自分だろう?

 どこかでもっと輝くきっと 絶対もっと絶対きっと

 つって、東京に行けば自分は成長できると思ってるわけね。まあね、わかるよ。私も東京生まれじゃないからさ、東京に憧れちゃうし夢抱いちゃう気持ちはわかる。

 で、2番ではいよいよ東京にやってくるんだわ、主人公が。

 時に涙と引き換え 味わう都会のリアリティ
 ここで出さなきゃ いつ出す切り札 本当のシリアス

 うーん、なんかつらいことがあったんだろうよ。まあ東京出てきたからってそれですべてが上手くいくことはないな。いい勉強になったよ。でもこの主人公はめげない。

 人情 愛情 感情 事情 何もかも飲み込み

 眠りもせずに 進化の加速を続ける

 ……いや待って大丈夫? なんか騙されてヤバイ商売やってない??? 東京は怖いとこだわ……。

 

 っていうのが「Welcome to TOKYO」のストーリーなんですけど(多分)、これどっかで聞いたことない? そうです、

 俺ら東京さ行ぐだ」by 吉幾三です。


俺ら東京さ行ぐだ〜吉幾三

 

 幾三もね、「テレビも無ェ、ラジオも無ェ、ピアノも無ェ、バーも無ェ、バスは一日一度来る 俺らこんな村いやだ」っていうのが東京に行きたい理由でしょ? 「WtT」の主人公と動悸がほぼ一緒なんですわ。

 でね、「銭コァ貯めで 東京で馬車引くだ」「銭コァ貯めで 銀座に山買うだ」とか、どこまで本気なのかよくわからん夢を語んのよ、幾三は。もうただの東京憧れ人間なのよ幾三は。

 こっちは結局東京に行けたのかわからないまま曲が終わっちゃうんだけど、多分「WtT」の主人公も「俺ら~」の主人公も、東京に出てきたとしても、すぐ実家に帰るんだろうなっていうニオイがプンプンする。

 

 これに気がついたとき、Twitterで「いや、まさか三代目が『俺ら東京さ行ぐだ』を歌うとは思わなかったわ」みたいなことをつぶやいたら、友人から「三代目は東京育ちがオミさんしかいないよ。しかもオミさんは23区外育ちだよ」という情報を教えてもらい、腹を抱えて笑った。

 

 みんな騙されないでほしい、Welcome to TOKYO」は、カッコいい「俺ら東京さ行ぐだ」です。

 

 あのね、私はこれが言いたいがためにこのブログを書いたようなもんです。これからもクソダセエ歌詞に期待してるぜ、HIROさん!!!!!!!!!!

 

 第2回があるかどうかはわかりません。終了!!!!!